高井ちとせ Official site
参政党 HP へ 参政党 HP へ

REPORT

今日も演説三昧、RKKからの取材も

本日も、熊本市中心部で高井候補の街頭演説を行いました。
熊本駅前、びぷれす、新市街、びぷれす、と4カ所です。

今日はいつもの演説に加え、新しい試みを2つ、始めました。
1つは応援演説です。午後のびぷれす前では、南阿蘇の党員、松村孝明さんから。利権に絡む地域の問題を追及し、できる限り現場で情報を収集されている方です。熊本で不安視している方も多い、外国企業誘致の実情も踏まえ、お話されました。

その後の新市街では、高井候補を子どものころから知っている熊本市の歯科医、坂口倫章さんからの演説。かなり多く、30名ほどの方が足を止めて聞いてくださいました。

2つ目は、高井候補へのインタビューです。参政党に入ったきっかけ、参政党ってどんな党? そんなことが伝わるように、党員との対話形式でお話しました。

街頭演説中、いつも党員が周りで、のぼりを持ったりビラを配ったり、参政党を宣伝します。丸一週間たち、昨日以上に、なんだか、町ゆく方の反応が、変わってきた?! これは一人だけじゃなく、何人もの党員が実感している肌感覚です。ビラを受け取ってくださる方も増え、反対に向こうから「参政党知ってる」「応援してます」という声も多くなりました。街宣車で回っているときも同じく、変化を感じています。まさに国民運動。参政党を応援くださる皆さん、さらに多くの方に、参政党を紹介してくださいね。

そして、またまた若者からの応援が増えています! 神谷宗幣事務局長の演説を聞きに来ていた中学生がまた来てくれたり、20代の若者が熱心に質問してくれたり、21才の熱烈な参政党ファンのイケメン男子が握手してくれて「絶対に議席を取ってください!」とエールをくれたり。

そんな若者たちからの応援を受け、子どものために立ち上がった高井候補はますます意欲が湧いています! それが証拠に、予定されていた3回の演説の後に、急遽、下通を桃太郎で練り歩き、びぷれすでの街頭演説が決行されたのです。

今日はテレビ局の取材も入りました。この模様は、4日(月)夕方のニュースで流れる予定です。どんな様子で紹介されるか、皆様ぜひ、ご覧ください。